包茎とはどの様な状態なのか?定義があるの?

包茎手術クリニック口コミ体験談TOP > 包茎手術の基礎知識 > 包茎とは?

包茎とはどの様な状態なのかについて説明しています

包茎とは?自分は包茎なの?と疑問になったら参考にしてみて

 包茎とは、亀頭の一部あるいは全体が包皮に覆われている状態の陰茎を指します。男性の性器は海綿体を中心とする陰茎体部とこれを覆う包皮部からなっており、成人男性では、亀頭と呼ばれる陰茎体部の先端が、通常時でも露出している場合があります。統計によると陰茎が勃起していない状態でも亀頭部分が完全に露出している割合は、成人男性の8パーセント程度で、医学的に包茎と分類されるのは、先天的あるいは後天的な理由で包皮が完全に亀頭を覆っているもののみとなっています。一般にこうした状態は真性包茎、包皮が部分的に亀頭を覆っているものが仮性包茎と呼ばれていますが、これは日本だけの呼称で、国際的にはいわゆる仮性包茎が正常な陰茎の状態と見られています。

 日本で仮性包茎という独特の言い回しが生まれたのは、それだけ日本人に仮性包茎が多く、気にしている方が多いことのあらわれでしょう。 真正包茎の場合は、外から力を加えて包皮を後退させても亀頭部分を露出させることができず、性行為や深刻なものでは排尿にも支障を来すことがあります。また、亀頭を露出させて洗浄することができず、陰茎の先端部分と包皮の間にたまる汚れや雑菌を洗い流せず、不潔な状態になって炎症などの問題が引き起こされがちなため、外科手術によって改善することが望ましいとされています。外力によって亀頭を露出させることができない陰茎でも、多くは性交渉が可能で、生殖能力にも基本的な問題はありませんが、包皮内にたまった雑菌が女性器に入り、膣炎などの原因になる可能性は否定できません。

 通常時に亀頭が露出していない仮性包茎は、実際に日常生活や性行為をおこなう上で大きな支障はありません。しかし、一般に亀頭の露出した陰茎が正常とされているためや、仮性包茎である男性が多いためそれだけ悩んでしまう男性も多く、コンプレックスを感じる場合や、女性がこれを嫌う場合もすくなくありません。場合によっては、陰茎体部と包皮部の間にたまった恥垢のために異臭を放つことがあります。また、亀頭部分が日常的に刺激されていないため、発育が抑制されていたり、早漏の確率が高かったりする可能性も考えられます。