包茎のデメリットについて紹介

包茎手術クリニック口コミ体験談TOP > 包茎手術の基礎知識 > 包茎のデメリットについて

包茎である事のデメリットについて説明しています

包茎の種類によっても異なるデメリットとは

 包茎の最大のデメリットは、放置しておくと病気を発症する可能性があることです。仮性包茎の場合、亀頭をできるだけ露出させるようにして、お風呂に入った際も亀頭周辺も綺麗に洗うことである程度清潔に保てますが、真性包茎の場合、亀頭周辺を洗えませんので、細菌が溜まり亀頭包皮炎や尿路感染症、陰茎ガンなどの病気を発症する可能性があります。また、細菌が溜まった状態で女性と性行為を行うと、女性器にも細菌が感染することもあり、性行為をした女性が病気になることもあります。

 包茎には精神的なデメリットもあります。外見から子供っぽく見えたりすることから、包茎であることに対する羞恥心が強く、温泉や銭湯などの共同浴場に入りにくく感じることもあります。また、女性から嫌われたり、笑われたりするのではないかと思い、好きな女性がいても、食事などに誘ったりできないなど弱気になることもあります。その弱気が他のことにも出てきてしまい、できるだけ人との関わりを避けようとする場合もあります。

 他にも性行為時のデメリットがあります。包茎は早漏の原因のひとつで、早漏であることで自信が持てず、自己嫌悪に陥る方もいます。また、包皮が被った状態のまま性行為を行うと、包皮が長いので、女性の膣内の摩擦が少なく、カリ首と言われる亀頭冠も女性の膣壁を刺激できず、女性を満足させられない可能性もあります。このようなデメリットがありますので、気になる方は一度クリニックなどに相談してみると良いでしょう。